ニコチン依存ならニコレットで禁煙

ニコレット以外に禁煙補助グッズとチャンピックス

いわゆる普通のタバコをやめようという人が手にするのが電子タバコです。
新しい電子タバコが発売になり、コンビニでも買えるようになったのですが、大変人気があり予約制にするコンビニも現れました。それだけ禁煙したい人が増えているためと思われます。
この電子タバコの特徴は、これまでのものと違って本物のタバコ葉が使われていることです。なので禁煙グッズとしてみた時はまったく禁煙にはつながりません。
また、そもそも電子タバコというものは重さが重く吸うのが大変で、買うお金も通常のタバコより高くつきますのでコストの面でも高価です。

このほかコンビニで買える人気の禁煙グッズには禁煙パイプがあります。
複数の種類がありますが、まず一つはいわゆるタバコ型のもので、通常、中に香料が入っているのみで、「タバコの代わりに吸う」というわけですが禁煙につながる理由はないですので、禁煙用としては適しません。安価で人気がありますので用いる人は多いです。
もう一つはタバコのフィルターに付けて吸う型で、こうするとニコチンが軽減できるのですが、チャンピックスのように医学的にニコチンを欲しなくなるものはないですので、完全な禁煙には結び付きません。この型のメリットとしては、ニコチンとともにタール成分も軽減するためにその分身体には良いことです。

コンビニにはこのほか、舐めたらタバコがおいしく感じなくなる飴など、いろいろな禁煙グッズが今売られていますが、長年タバコを吸ってきた人が禁煙するためにはこれらのグッズでは不可能で、病院の禁煙外来で病気として治療を受けなくてはいけません。
その際適している薬がチャンピックスです。チャンピックスはコンビニで売られているものと違い医師の指導のもとで計画的に服用するものですから、高い確率で禁煙を成し遂げることができます。