ニコチン依存ならニコレットで禁煙

チャンピックスってどんな禁煙薬?副作用はあるの?

煙草を吸うと気持ちよくなるのは、煙草の中に含まれるニコチンが脳内のニコチン受容体(α4β2ニコチン受容体と呼ばれます)と結びついてドパミンと言う快楽を感じる物質を出すからです。
チャンピックスはこの受容体と強く結びつき、ニコチンがこの受容体に結び付く事を妨げます。そして、チャンピックスがこの受容体に結び付いて時、刺激作用と拮抗作用の2つの作用をあらわします。刺激作用は軽く、ニコチンがこの受容体に結び付いた時の半分位のドパミンを出すだけです。
この作用によりわずかに快楽を感じることができるので、禁煙に伴うイライラが起きません。
拮抗作用はニコチンがニコチン受容体に結び付くのを邪魔する作用です。チャンピックスを飲んだ後、たばこを吸っても、ニコチンがニコチン受容体に結び付かないので、煙草を吸ってもおいしいとは感じません。
この作用により、チャンピックスを飲むことで禁煙できるのです。

飲む期間は12週間で、途中で飲むことを止めると、禁煙に失敗する確率が増えます。
ただ、副作用として吐き気があったり、お腹にガスがたまったり、便秘などの胃腸症状があらわれます。頭痛も10人に一人くらい表れますが比較的症状は軽いものです。精神的な変調もあらわれます。不眠や不安感や異常な夢やいらいらや怒りっぽくなったり、気分の落ち込みも見られますが、この症状はチャンピックスの副作用でなく、禁煙に伴う症状の場合もあります。
その他非常にまれなケースですが、運転中に突然意識がなくなり自動車事故になった例が数回報告されています。
また海外では、重い抑うつ症や焦燥感を感じたり、興奮をしたり、攻撃的な行動をした例が報告されていますが、因果関係は分かっていません。