ニコチン依存ならニコレットで禁煙

ニコレットで禁煙サポート

禁煙をする場合は、自分の意識だけで禁煙をしようと喫煙をがまんするというやり方だと、失敗してしまう可能性が高いです。何度か禁煙にチャレンジしたのにも関わらず禁煙に失敗してしまうと、禁煙にチャレンジしようとする意欲自体がなくなってしまう恐れがあります。そこで、禁煙を本気でしようと考えているのであれば、ニコレットなどの禁煙をサポートする製品を利用するという方法が効果的であるということがいえます。ニコレットについては、ガムになっている製品が有名で、誰でも手軽に始めることができるので、ニコレットガムを使用するとよいでしょう。ただし、普通のガムと違って、ニコレットガムの場合、正しい使い方というものがあるので、それをしっかりと守って使用することが大事になってきます。ニコレットガムの使い方としては、たばこを吸いたいと感じたら、ガムを一回一個ゆっくりと噛みます。噛むことで、ガムの中からニコチンが放出されますから、喫煙欲求を抑えることができるようになります。15回程度噛んだら、頬と歯茎の間にガムを置いて、およそ1分以上そのままの状態にします。これにより、ニコチンをしっかりと体内にニコチンを吸収させることができます。ニコレットガムの使用量としては、これまで喫煙していた本数やどれだけたばこに依存していたのかによって変わってきますが、1日の最大の量としては、24個までとなっています。しばらくは、噛むガムの数も多いかもしれませんが、慣れてきたら徐々に減らしていくようにします。1日に1個か2個くらいのガムで喫煙欲求を抑えることができるようになったら、最終的にガムを噛むのをやめて3カ月程度を目安にニコレットガムのプログラムを終えます。

ニコレットで禁煙する時のコツ

ニコレットを上手く活用する為にはあくまでも禁煙をサポートする為の補助剤として使用することが大事です。使っていれば煙草を止められるというものではなく、禁煙を真剣に考えている気持ちありきで使用してこそ意味があります。半端な気持ちで使用してもあまり意味はありませんので、まずは煙草を止めるという意識に持っていくことがコツと言えるでしょう。次に大事なのが正しく噛むことです。ニコレットの特徴はニコチンを配合していることにあるのですが、噛むことによってニコチンを放出させることができます。ところがニコチンを放出させても口の粘膜からしっかりと吸収させるようにしないと意味がありません。普通のガムとして噛んでいると粘膜から上手く吸収されずにニコチン成分を飲み込んでしまうことになりますが、飲んでしまうと効果が低くなったり喉を痛めてしまう原因にもなりますので注意が必要です。正しい噛み方のコツとしてはまず刺激を感じるまでゆっくりと噛み続けます。刺激を感じられたらそれがニコチンが出た合図ですので、今度は噛むのを止めて歯と頬の間にそっと置いておきましょう。そうすることで粘膜からニコチンが吸収されますので、それによってようやくニコレットの効果を発揮させることができるのです。このように正しく使っていけば禁煙時の離脱症状も上手く抑制することができ、成功率も高めることができるはずです。しばらくしたら噛む個数を減らしていくのも使用する際のコツですが、常に一定の個数を噛んでいるとニコレットに依存してしまいますので注意しましょう。徐々に個数を減らしていくと最終的には1日2~3個程度でも満足できるようになるはずです。そうしたら今度は普通のガムに切り替えてニコレットに頼ることも止め、その状態に我慢できるようになったら禁煙の成功です。

ニコレットを使っても禁煙への意志が必要

ニコレットはガムやパッチにニコチンを含有し、タバコの代わりにニコチンを補給する禁煙補助剤です。医薬品ですが第二類医薬品に分類されるため、医者の処方がなくてもドラッグストアなどの実店舗で手軽に入手することができます。誰でも手軽に始めることができ、いつでも止められるため簡単に禁煙を行うことができるニコチン置換療法ですが、ニコレットはタバコで補給されるニコチンを別の物から補給するという方法をとっているため、ニコチン依存症の人には効果が薄いと考えられています。元々は喫煙者がタバコを吸うと、煙と共にニコチンが吸収され、脳に働きかけることによって快楽をもたらすと言われており、逆にニコチンが不足すると快楽が発生しないために精神的に不安定になるような離脱症状が起こります。覚醒剤やモルヒネのような依存性があり、タバコを吸うという日常的な行動がクセになると、依存性と共に簡単にやめることができなくなります。最も重症化しても覚醒剤などのような社会的な問題が起こることはありませんが、治療は薬物依存の一種として扱う必要があるとされています。ニコレットではタバコの代わりにニコチンを補給するため、依存症を抑える効果はなく、日常的にタバコを吸うという行動に対して、抑える効果が期待できます。ただし、ニコレットで補給できるニコチンの量はわずかなため、離脱症状を抑えることができずニコレットを使用しながらタバコを吸うということにもなるので注意が必要です。ニコレットによる禁煙はある程度のニコチンを補給できるので、タバコを吸いたいという欲求を抑えてくれますが、完全に抑えるということはできないため、最終的には禁煙をするという強い意志が必要になってきます。

◆ニコレットを使って、ストレスなしで禁煙しませんか?
ニコレットで非喫煙者に

ニコレットのロゴ